GEM

GEMでレバレッジ1000倍を利用するメリットや注意点

海外FX業者GEMでレバレッジ1000倍にするメリットは?

海外FX業者が持つ国内のFX業者とは決定的に違う特徴、それはレバレッジの高さにあります。

現在、日本では25倍のレバレッジしか使うことができませんが、海外では数百倍以上のレバレッジを使って取引を行うことができるのです。

そしてその海外FX業者の中でも特に高いレバレッジを誇るのが、最近あのマニー・パッキャオをブランドアンバサダーに迎えたことでも話題を呼んだGEM FOREXです。
具体的にこのGEMでは最大でなんと1000倍ものレバレッジを活用できます。

FXの初心者の方にとってはこのようなハイレバレッジでのトレードは危険と感じる人もいるようですが、実はこの1000倍のような高いレバレッジでの取引には様々なメリットがあります。

これからそのメリットについて解説するので、GEMの1000倍のレバレッジに興味がある方は是非チェックしてみてください。

証拠金が少なくても十分な量の取引ができる

GEMで1000倍のレバレッジでトレードをする1つ目のメリットは、証拠金が少なくても十分な量の取引が可能になるということです。

例えば、先ほどもご紹介したような国内の業者の場合、最大でも25倍のレバレッジしかきかせることができません。すると最初に用意できる資金量が少ない人の場合、一度に持てるポジションの量も少なくなります。これはつまり資金量が少ない人だと取引が上手くいっても得られる利益が少ないということです。これは早い資金増加を望む方にとっては非常に大きなデメリットになるでしょう。

しかし、GEMで1000倍のレバレッジを活用できれば、投資初心者でまだまだ資金量が少ないといった方でも十分な利益を出すための量で取引を行なえます。これはまさに海外FX業者の中でも特に高いレバレッジを持つGEMならではのメリットとも言えるでしょう。

正しく使うとロスカットラインに到達しづらい

GEMで1000倍のレバレッジでトレードをする2つ目のメリットは、ロスカットラインに到達しづらいということです。

ハイレバレッジのトレードでは失敗するとすぐにロスカットされてしまい損をする、という主張もありますが、実はそれは正しくはありません。1000倍のレバレッジは正しく使えば、ロスカットラインに到達しづらくさせて、より安全に取引できるようになる1つの武器になるのです。

具体例を考えてみましょう。

まず証拠金維持率というのは「取引資金÷必要証拠金✕100%」で算出できることを覚えておきましょう。

そしてもし10倍のレバレッジをかけてドル円の市場で1万の取引量でトレードをしたとすると、この時の必要証拠金は10万円となります。
つまりこの時に10万円の資金しか用意できていないと、先程の計算から証拠金維持率は100%となるわけです。

ではここでGEMのようにレバレッジを1000倍にして今の状況を考えてみましょう。
すると今度は同じ取引量でのトレードでも証拠金維持率は10000%になるのです。

そしてGEMではロスカットラインを証拠金維持率の20%に設定します。つまり同じ取引量ならレバレッジは高ければ高いほど、そのロスカットラインに到達しづらくなるわけなのです。

このように簡単にはロスカットされずに安心してトレードできるようになる、というのも実はハイレバレッジならではのメリットなのですね。

ちなみにGEMでは口座開設をするだけでボーナスとして誰でも1万円か2万円が貰えます。この1、2万円といったボーナスだけでも1000倍のレバレッジをかければ相当な量の取引ができるので、リスクを追わずにGEMでの取引を試したい方にもこのハイレバレッジというのは大きなメリットになると言えるでしょう。

スキャルピングなどでも十分な利益を獲得できる

GEMで1000倍のレバレッジでトレードをする3つ目のメリットは、スキャルピングやスワップ金利狙いの取引でも十分な利益を出せることにあります。

FX取引では様々な取引スタイルがありますが、その中でも特に日本で人気があるのが数秒から数分で取引を終えるいわゆる「スキャルピング」です。しかし、このスキャルピングという取引は一度のトレードで取れる値幅が少ないため、取引量が少ないと利益もかなり少ないものになってしまいます。

ところがGEMでは先ほども解説したように1000倍ものレバレッジをかけることができます。そのためスキャルピングなどの一度に獲得できる値幅が少ない取引手法であっても、大きな取引量にすることで十分な利益を狙うことも可能になるのです。

またトルコリラ円での取引で発生する「スワップ金利」などでも同じようにレバレッジを活用することで、少ない金額でも十分な利益を獲得できるようになります。

このようにスキャルピング等でも利益を狙いやすくなる、というのもGEMの1000倍を使ったトレードの大きなメリットの1つとしてあります。

ちなみにハイレバレッジの海外FX業者の中にはスキャルピング取引はサーバーに負荷がかかることを理由に禁止していることもありますが、GEMはスキャルピングによる取引は許可しているのでスキャルパーの人は安心してGEMを利用してくださいね。

ゼロカットがあるので大きな損失を抱えるリスクもない

GEMで1000倍のレバレッジでトレードをする4つ目のメリットは、大きな損失を抱えるリスクがないことです。

国内の業者の場合、「追証」と呼ばれるシステムを採用していることがほとんどです。この追証とはFX取引において口座に用意している資金以上の損失が出た時に、その不足分を支払わなければいけないというシステムのことです。そしてもしこの追証がある業者で高いレバレッジを使って取引をすると、万が一大きな負けになると当然その後大きな損失を抱えることになってしまいます。一般的にはこれが理由で、ハイレバレッジの取引は危険だと言われるのです。

しかし、GEMの場合、ゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは口座内の資金がマイナスになってもカバーしてくれて追証を受けずに済むシステムのことです。つまりGEMであれば、例え1000倍のレバレッジで取引をしていて、不測の事態で大きなマイナスの動きになっても口座内の資金がなくなるだけで、決してマイナスの損失が出ることはないのです。

これも海外FX業者のGEMならではのメリットだと言えるでしょう。

 

GEMでレバレッジを1000倍にすることにはデメリットもある

ここまで解説してきたようにGEMでレバレッジを1000倍してトレードすることには様々なメリットがあります。しかし、GEMに限ったことではありませんがハイレバレッジで取引をすることには当然デメリットもあるため注意が必要です。

代表的なデメリットとしては、やはり取引量を間違えてしまうとすぐに資金が底をついてしまうことです。

先ほども説明しましたが、1000倍のレバレッジを活用して通常通りのポジション量で取引をすれば、ロスカットラインに到達しづらくなり安全にトレードを行うことができるのは確かです。しかし、もし少ない資金でも済むことを利用して本来持つべき以上のポジション量で取引をすると上手くいけば大きな利益になりますが、もし反対の方向で動いてしまえば本来よりも速いスピードで資金がなくなってしまうのです。

また上手く行けば大きな利益が出ることに目がくらんでしまって、本来するべきではないギャンブルに近い無茶なトレードをしてしまう原因にもなってしまうデメリットもあります。

このようにGEMの1000倍のレバレッジは正しく使えば多くのメリットが得られる一方で、間違った取引をしてしまうと反対のデメリットを生んでしまうことになりますので、これからGEMでのレバレッジを使った取引を検討していることは間違った使い方をしないように注意してもらいたいと思います。

GEMのレバレッジ1000倍を活用したい人が知るべき注意点

上記の通り、GEMのレバレッジ1000倍は正しく活用すれば大きな武器になります。しかし、実際に活用して取引を行う前に知っておきたい注意点もあるのです。

もしこの注意点を知らずにGEMでの取引を行おうとすると思わぬトラブルが起きてしまう可能性もあります。そういったことを防ぐためにも実際に活用する予定がある方はこれから解説する注意点にも一通り目を通しておいてもらいたいとおもいます。

口座の資金量によってレバレッジに制限がかかる

最初にご紹介するGEMの1000倍のレバレッジを活用する前に知っておきたい注意点は、口座の資金料によってはレバレッジに制限がかかることです。

GEMではこれまでの解説通り、最大で1000倍のレバレッジを使えます。しかし、GEMでは利用している口座内の資金量が増えると1000倍以下に制限がかかってしまうルールもあるのです。

具体的には口座資金が0〜200万円までならレバレッジを1000倍のまま維持することができます。しかし、200万円を超えるとその半分の500倍のレバレッジに制限されてしまうのです。

投資を初めたばかりの初心者の人が200万円以上の資金を一度に口座に入金することは少ないと思います。しかし、投資を続けていくと200万円を超える人は増えてきますので、その時のためにもこの制限については覚えておくようにしましょう。

CFD取引には200倍のレバレッジしかかけられない

次にご紹介するGEMの1000倍のレバレッジを活用する前に知っておきたい注意点は、CFD取引では1000倍のレバレッジは使えないということです。

GEMはFX業者ですので、通常のFXの通貨ペアであればほとんどのペアで取引を行なえます。そしてFXであれば、これまでご紹介した1000倍のレバレッジを使うことが可能です。

しかし、GEMではFX以外にもCFD取引にも対応しています。ところがGEMのCFD取引では最大で200倍のレバレッジしか使うことができないのです。

同じGEMだからと勘違いしている人が案外多いので注意してくださいね。

GEMでレバレッジ1000倍でのトレードの必要証拠金の計算は?

それでは最後にGEMで1000倍のレバレッジをかけてトレードする時の必要証拠金の計算方法についてご紹介します。
1000倍のレバレッジをかけるといつも持っているあのポジションがどれほとの必要証拠金で済むのか知りたい方は参考にしてください。

必要証拠金はGEMに限らず、全ての業者において以下の計算式で導くことができます。

必要証拠金の計算式

為替レート×取引量÷レバレッジ=必要証拠金

つまり1ドル100円の時に10万通貨の取引量を持ちたいとします。
そしてその時のレバレッジが1000倍だとすると以下のような計算になります。

100円×10万÷1000倍=10,000円

つまり上記の条件であれば、1000倍のレバレッジを使うことでわずか1万円で希望のポジション量で取引できるということになります。

このように必要証拠金は案外簡単に計算できます。

そしてこの計算式を知っておくと理想的な取引をするために必要な証拠金の量がすぐにわかるようになりますので、知らなかった方はこれを機にしっかりと覚えておくことをおすすめします。

XMもGEMのようにハイレバレッジでゼロカットがあるのでおすすめ

今回ここまで解説してきたように一般的には危険だと言われているGEMの1000倍のレバレッジの活用は、その方法さえ間違えなければいくつものメリットを得られるものなのです。そのためこれからGEMの利用を考えている人にはぜひ上記の情報を参考に正しく1000倍のレバレッジを活用してもらって、安全で効果的な取引をしてもらいたいと思います。

ちなみにGEMのようなハイレバレッジをウリにしている海外FX業者では、888倍のレバレッジがかけられるXMという業者もおすすめです。このXMは国内でもトップレベルの人気度を誇るFX業者であり、GEMと同様にボーナスや日本語でのサポートも充実しています。ですので、GEMの利用を検討している方はXMも一度参考のためにチェックしておくことをおすすめします。