FX

FXで1000万あればプロになれる⁉︎1000万円の運用方法

FXで投資をして副業として納得のいく程度を稼ぐためには1000万円あれば十分と言われています。

最近は将来のために2000万円の個人としての貯蓄が必要と言われたり、また退職をしても働き続ける人が増えています。

いつまでも体を動かして働くのではなく、お金に動いてもらうと言う方法はこれからの生活に役に立つでしょう。

1000万円あって、上手な運用をすればプロのFXトレーダーとして活動も夢ではありません。

ではどのような運用方法で、どんなFXのトレードをすることでそのような満足する金額を得ることができるのでしょうか?

1000万円の運用方法

1000万円からさらに稼いで行く、または今ある資金を1000万円、そしてそれよりも稼ぐと言うことは大いに可能です。

FXでの投資をオススメするのは、2つありFXには自動売買ツールがある事とレバレッジがあるという事です。

自動売買ツールとはあらかじめプログラムしていた売買のやり方でパソコンなどのツールが勝手に売り買いしてくれるものです。

FXにおいて一番損失を出す原因が分かっている際の損切りを自分でする事です。

後数秒、数分すれば値が上がるのでは?少しでも損失を防げるのでは?という考えがどんどん泥沼におちいっていき、気づいた頃には損失が膨れ上がるのです。

またレバレッジとは今ある資金でレバレッジをあげることにより何倍もの資金で取引ができる制度です。

つまり、今持っている資金100万円を5倍のレバレッジで取引すれば500万円での取引が可能なのです。

しかし資金が増えれば増えるほど勝つ際の利益は上がりますが、負ければ損失も大きくなることに注意が必要です。

レバレッジについては後半にも書いていきますね。

損失を嫌がる心理と稼ぐ人のマインド

1000万円を使ってたくさんお金を稼ぐトレーダーは今まで全体での利益を考えてトレードします。

つまり10万円損失がでても20万円利益が出ていれば総額で10万円の得になるので損失は気にしません。

しかし、人間は本来手に入れたはずの利益を失う事に固執してしまいます。

本当は手に入っていたのにというありもしない現在を夢見てしまうのですね。

このような心理をプロスペクト理論といいます。

プロスペクト理論(英: Prospect theory)とは

不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Wikipediaに載ってるのはちょっと難しいので、プロスペクト理論を簡単に投資の場合で説明すると、

利益を得られる可能性に対しては、無理をしないで着実な選択肢をとり、損失に対する回避に対しては、賭けをしてでも、損失を必ず減らしたいという心理を言います。

人間は「損」というものがとても嫌いで、本来は利益を得るよりも損失を防ぐ方が好きなのです。

しかし、稼ぐ人はこのプロスペクト理論をコントロールして機械的に取引をしている人が多くいます。

気持ちで負けていては、取引に勝てないという事ですね。

 

レバレッジは海外FXが無限

上記にレバレッジにより資金よりも何倍もの取引ができると記載しましたが国内FXと海外FXにはレバレッジについての違いがあるのを知っていますか?

国内FXではレバレッジの上限が25倍なのです。
しかし、なんと海外FXであるMXならばレバレッジは最大888倍まで設定が出来ます。

高いレバレッジは初心者などの、FXにかけれるお金が小額の人にとってはとても役に立つ制度ですので、FXで1000万円の取引をしたい人はまずMXを始めて資金を集めてはいかがでしょうか?

ここでMXをおすすめする理由は、ハイレバレッジで取引するならレバレッジコントロールが出来る必要があるからです。

先ほども記載しましたが、ハイレバレッジならば利益も大きくなると共に損益も大きくなります、ですのでうまく損切りをしたりして、感情的にならず取引する必要があるのです。

国内FXでは借金につながる恐れがあります。

国内FXでは?と思った方も、多いと思いますが、海外FXにはゼロカットという制度がトレーダーを助けてくれるのです。

海外FXなら損失も怖くない

ゼロカットシステムとは?

FXの口座残高がマイナスになった場合に、マイナス分をXMが肩代わりしてくれる制度です。
トレーダーの損失は、最大でも口座に入っている金額なので、マイナスになって借金を負うことはありません!

FXで失敗して飛ぶ人がいるなど様々な噂を聞きますが、それがないんですね。
とっても安心しますね。

MXではハイレバレッジにするほど強制ロスカットされづらくなるのも良いポイントです。
同じ口座残高で同じポジションを取る場合、レバレッジが高い方が必要証拠金が少なくなるので、証拠金維持率が上がるために、強制ロスカットされ難くなります。

小額のFXや1000万円を貯めるためにサクッと安全なMXで稼ぐのはいかがでしょうか?

国内FXよりも早く1000万円を安全にためることが出来る可能性が高いと考えられます。

まとめ

1000万円あれなFXトレーダーとして副業としてはもちろん、プロとしても活動可能です。

しかし、損をしたくないという気持ちは出来るだけ捨てて、機械的に取引をする事でうまく儲けることができます。

時には自動売買ツールを利用したりしてうまく損切りしていき、最終的な利益を得ましょう。

また海外FXであるMXは国内よりも何倍も高い最大888倍のハイレバレッジで取引可能で、また借金になる恐れもないゼロカットシステムを利用しているので国内FXより安心してのびのびと取引が可能かもしれません。