FX

FXで年収1000万円!豊かな暮らしを手に入れる

サラリーマンでも自営業者でも1000万円という年収を目標にしている方は多いと思います。
年収1000万円というのは、所得層ではアッパーミドル(中流階級の上位層)と呼ばれ、一般的にはそれなりに豊かな暮らしができると言われています。

年収1000万円を一つの目安にする傾向はFXトレーダーにもあるようです。特に専業トレーダーとして独立する場合は、そのくらいの稼ぎを欲しいと考えている人は多いのではないでしょうか。

年収の計算方法は?

FXトレーダーの年収は元手×年利(FXの運用成績)で決まります。

FX年収を決定する要因は元手と年利なので、年収を増やそうと思えばどちらか一方を増加させればよいことになります。

一般的にFXはゼロサムゲームと言われるように、全体のパイが増えたり減ったりするわけではありません。誰かが得をすると誰かが損をする世界です。

そのような世界では、運用成績を大幅に上昇させることは至難の業です。ある年の成績が良かったとしても、次の年には利益が小さくなってしまったりします。

年収1000万円を達成するのに必要な元手額

FXである程度の利益を出そうと思えば、けっこうな資金額が必要になります。年収1000万円を達成するために必要な元手はいくらほどいるのでしょうか?

年利5%の場合と10%の場合で計算してみましょう。

元手額 年利20%で達成できる年収 年利50%で達成できる年収
100万円 20万円 50万円
500万円 100万円 250万円
1000万円 200万円 500万円
2000万円 400万円 1000万円
5000万円 1000万円 2500万円
1億円 2000万円 5000万円
2億円 4000万円 1億円

今度は年利20%の場合は元手5000万円。年利50%の場合は元手が2000万円で年収1000万円を達成することができます。

資金が少ないうちは兼業トレーダーとして増やそう

資金が少ないうちは専業トレーダーだけでなく、兼業トレーダーがおすすめです。専業トレーダーの場合、たとえ50%の年利を達成したとしても、資金はあまり増えていきません。

これは得られる利益が小さいということもありますが、トレードで得た利益から生活費を賄わなければならないということが大きな要因です。

また、FXでは損失を出してしまうことも多いため、精神面も不安定になりがちです。そんなとき、サラリーマンとして得られる安定収入があれば安心材料になります。

 

年収1000万円を達成したら変わること

FXで年収1000万円程度稼げるようになったら変わることはどんなことがあるのでしょうか?

専業トレーダーとして独立しやすい

FXで年収1000万円を達成したら専業トレーダーとして十分にやっていけます。たしかに、FXトレーダーというのは不安定で毎月の収入はもちろん、毎年の収入も変動してしまいます。

しかし、年収で1000万円あるということは、翌年成績が芳しくなかったとしても、最低限生活できるくらいの年収は確保できる可能性が高くなります。

また、当然元手も大きいため、いざとなったら投資資金を崩して生活できます。収入額が変動しても大丈夫なくらいの稼ぎがあることを意味します。

もちろん、家族構成や住んでいる地域によって安心できる金額というのは異なります。例えば地方都市に住んでいる独身者の場合、年収500万円程度でも専業トレーダーとして独立しやすいのではないでしょうか?

もちろん、もっと少ない年収のときから専業トレーダーとして独立している人もいるでしょう。そういう人は生活にゆとりが出てくることは間違いありません。

複利の力が大きくなる

稼ぎが多ければ多いほど複利の力が大きくなることは言うまでもありません。

複利の力とは、得られた利益を元手資金に加えることで、利益が雪だるま式に増えていく力のことを意味します。

例えば次のケースを考えてみましょう。

元手資金=6000万円
年利=20%
経過年数3年間

年数 元利合計 利益 実質の年利
1年目 6000万円 1000万円 20%
2年目 7200万円 2200万円 44%
3年目 8640万円 3640万円 72.8%

最初の年に得られた利益、つまり年収は1000万円です。

2年目に突入すると、この1000万円を元手の資金5000万円に加えて6000万円での運用を行います。

再び年利20%を達成すると、2年目は1200万円の年収を得られたことになります。1年目の利益1000万円を元手に加えたことで、2年目は1年目よりも200万円も年収がアップしています。これがまさに複利の力です。

さらに3年目、6000万円に2年目に得られた利益1200万円を追加し、7200万円で運用を行います。3年目も20%の年利が達成できたら、1440万円の年収を達成できたことになります。

1年目の元金が5000万円であったことを考えれば、3年目の実質年利は

5000万円×実質年利=1440万円

実質年利=1440万円÷5000万円=28.8%

となります。

もちろん、現実には税金がかかったり、専業トレーダーの場合は生活費を利益から捻出したりしなければなりません。

しかし、年収1000万円複利の力を大きくできることは確かです。

まとめ

今回はFXで年収1000万円を達成するために必要な資金や収益率について紹介しました。年収1000万円を達成するのはけっこう大変だということはお分かり頂けたのではないでしょうか?

投資資金が限られている場合は、よほど大きな収益率を達成する必要があります。一般的なサラリーマンが貯金する可能な額は2000万円ほどでしょうか?

その場合年収1000万円を達成するためには20%もの年利を達成する必要があります。

また資金が少ないうちからリスクをとってハイリターンを狙う投資方法も有効です。
しかし、国内ではレバレッジ規制があるため、海外のFX業者を利用するのも一つの手です。

例えばXMでは借金のリスクなしで最高でレバレッジ888倍をかけた取引が可能です。

どうせFXにチャレンジするのであれば、年収1000万円を一つの目標にしてみてはいかがでしょうか?