FX

FX口座を解約するデメリットとは?

FXをやってもなかなか利益が出ない、FX以外の投資をしたい、他社を利用したいなど開設したFX口座を解約する理由はさまざまです。

しかし、FX口座を解約する際にはいくつか注意してくべき点があることをご存知でしょうか?

そこで、今回はFX口座を解約する方法や、解約した場合のデメリットについて解説していきます。

FXの口座を解約する方法

FX口座を解約する場合には、FX会社にメールや電話、もしくはWebの問い合わせフォームを利用することで簡単に手続きすることができます。

必要な情報はFX会社によって異なりますが、一般的には

  • ログインID等のお客様番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 解約理由

以上の事が必要となります。

解約理由の記載に関しては、利益が出ない、取引条件(スプレッド、スワップ)、他社に乗り換え、といった内容を記入します。

FX口座の解約までの期間

メールやWebフォームで上記の依頼をすることで、通常1週間程度で手続きが完了します。もしも2週間経過しても連絡がない場合は、問い合わせをしたほうがいいかもしれません。なぜなら何らかの理由で手続きが滞っている可能性があるからです。

ちなみに、取引をせずに長期間口座を放置した場合でも国内のFX会社の場合、最低3年間は口座が残るようです。

というのは、確定申告の際に過去3年間にさかのぼって損益通算ができるので、最低3年間は口座を放置しても強制的に解約になることはないと思われます。

一方で海外のFX業者の場合には、一定期間の取引がない場合には口座が凍結され、取引を再開するには申請が必要となる場合もありますので注意が必要でしょう。

口座解約前に確認しておくこと

解約する前には下記の事を確認しておきましょう。

  • 口座の全ポジションを決済する
  • 口座から全額出金して残高をゼロにする

ただし、FX会社によっては「登録の振込指定口座へ出金後、口座を解約いたします」と記載されている場合もあるので、ホームページやコールセンター等で確認しておくとよいでしょう。

他にも、未決済のポジションがある場合は、FX会社によって対応は異なるようで、中には解約時のレートで決済されてしまう場合もあります。

また、ポジションや注文が残っている場合は、解約手続きができないこともあるので、やはりポジションは決済し注文は全て取り消しておく必要があるでしょう。

 

口座を解約するデメリットについて

それでは、口座解約をするとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

主に下記の3つがデメリットとして挙げられるでしょう。

解約したFX会社で再度口座を開設する場合に時間がかかる

一度解約したもののやはり再開したいという場合には、新規口座開設扱いとなります。

その際には、マイナンバー確認書類および本人確認書類の再提出が必要になり、開設まで一定の時間がかかるのです。なお、FX会社によっては再開専用申し込みフォームを設置しているところもあります。

各種ツールが利用できなくなる

口座を解約するとログインができなくなるため、そのFX会社が提供している各種ツールが利用できなくなります。

他にも無料講座の視聴や各種ニュースなどの情報収集においても使用できないこともあります。

もし、取引ツールが使いやすく情報も豊富である場合には口座のみ残しておいて、新たな口座で取引をするのもよいでしょう。

確定申告に必要な書類が発行できなくなる

株式や投資信託の取引では特定口座を利用すれば、源泉徴収により証券会社がかわりに納税してくれます。FXにはそういった仕組みがないため、利益が出た場合は自分で確定申告をする必要があります。

通常は口座を解約すると、書類の発行ができなくなるため注意が必要です。

なお、解約後も有料で書類作成できるFX会社もあるので、万が一必要になった場合はコールセンターや問い合わせフォームで確認することをおすすめします。

FX口座の解約の理由が負け越しの場合には

中には、FXで損失を被り退場となるパターンもあるでしょう。

そのような場合には、同一口座ではなく新しい口座を開設してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

その場合には、低ロットでハイレバレッジをかけることができる海外のFX業者を検討するのもよいでしょう。

新規口座を開設するならボーナス特典を利用するべき

もし、口座を解約した後に再度FXに取り組みたいと思った場合には、新規口座開設特典を利用することをおすすめします。

規程の取引回数を満たせば特典を貰えるものから、中には海外FX業者のXM Tradingのように口座を開設するだけで100%ボーナスをもらえる業者も存在します。

リスクを抑えてハイリターンを狙うならXM Tradingがおすすめ

XMは海外FX業者の中で、信頼度の高いCySECの金融ライセンスを所有しており、日本人トレーダーにも人気の高い海外FX業者です。

特にXMでは新規口座開設時のボーナスに加え、入金額に応じてさらにボーナスをもらえるのも魅力です。

この入金に応じて得たボーナスは出金することはできませんが、証拠金を維持するために役立つでしょう。

さらに、XMでは国内で禁止されているスキャルピング取引が可能で、888倍ものハイレバレッジを活用し短期取引を繰り返すこともできるのです。

また、証拠金がマイナスになることがないゼロカット方式が採用されているため、リスクを抑えて取引することも可能でしょう。

まとめ

今回は口座解約に関する注意点や手続き、そしてデメリットについて説明してきました。
FXで勝ち続けることは難しく、時には損失を抱えてしまうことも珍しくありません。
そのため、口座の解約を選択する場合もあるでしょう。

しかし、中には開設するだけで入金されるXMのような口座もあるので、リスクを抑えて再び挑戦してみる選択も検討してみてはいかがでしょうか?