FX

FX口座はなぜ凍結されるのか? 勝ちすぎると凍結される可能性も?

FXはハイリスク・ハイリターンとして紹介される取引方法です。
そのため、短期で大きく儲けたい人々からは人気があるのも事実でしょう。

しかし一方で、利益がきちんと手に入るのか、口座が凍結される可能性があると儲けはどうなるのかなど、取引に関して不安を抱えることもあるかもしれません。

今回は、なぜFXの口座が凍結されるのかについて詳しく解説していきます。

FX口座が凍結される2つのケース

FX口座が凍結されるケースは2つあります。

①スキャルピングを始めとしたFX会社の規約違反
②長期間のFX口座の放置

以上の2つにより、口座を凍結される可能性が高いと言われています。

なお、スキャルピング取引を禁止しているのは国内業者の為、①のケースを予防するには海外の業者を利用することを検討してみても良いでしょう。

下記でそれぞれのケースについて説明していきます。

規約違反による凍結

規約の内容はFX業者によって異なりますが、主に次の例が挙げられます。

・AIを使った取引
・メールアドレスを2つ以上登録する
・新規ボーナスを不正に取得する
・複数業者での両建て
・ネット環境を悪用した取引
・その他、FX業者が損する取引

基本的にはこれらの規約違反を犯すと、入金や取引および出金ができなくなるため注意しましょう。

さらに、注意すべき点として規約違反による凍結の場合は「解除」ができません。

そのため、上記に当てはまる行動は避けて取引に挑むことが賢明でしょう。

スキャルピングも規約違反の対象に!?

規約違反として気になるのは「スキャルピング取引も規約違反になるのか」という点ではないでしょうか?

スキャルピングは短時間で取引を繰り返す手法で、書籍や有名トレーダーのトレード方法などでも紹介されています。

主に規約に掲げているのは国内のFX業者で、海外ではあまり禁止されていません。

規約違反の理由としては、大量の取引を短時間繰り返すと、FX業者のカバー取引やサーバーへ負荷がかかることが原因となっています。

ただし、スキャルピングの定義に関しても制限はあるものの、明確な規定がないため、頻繁な短期売買に関しては気を付ける必要があるでしょう。

口座の放置による凍結

口座の放置に関しては、取引を再開、証拠金の入金、サポートセンターへの連絡という手順で対処すれば解決する場合がほとんどです。

しかし、サポートセンターへ連絡する場合には、凍結が解除されるまでに時間がかかるため、できれば1ヶ月に1回以上を目安にログインや取引をしておくと安心でしょう。

それでも凍結される場合は

まずは、サポートセンターに問い合わせましょう。
よほどのことが無ければ、なぜ凍結されたのか説明を受けられるはずです。

それで納得できなければ、他業者か海外のFX業者を選ぶのもよいでしょう。

特に、海外のFX業者はNDD方式を採用しているので、日本のFX業者ではできないような取引もできるなどの利点もあります。

 

海外業者の利点 NDD方式とは?

NDD方式とはNone Dealing Deskのことで、トレーダーとインターバンク市場にFX会社が介入しない方式のことをいいます。

一方でDD方式とはFX業者のディーラーを介して注文を行う方式です。
あってはならないことですが、このようなDD方式では一部ノミ行為と呼ばれる意図的なレート操作が行われているのではないかという噂もあります。

このDD方式であればスキャルピングで業者に負担がかかるため、規約違反に頻回な短期取引を規制している業者があるのです。

しかし、海外で使用されるNDD方式では、スキャルピングの際に負担を強いられるFX会社の仲介がないためスキャルピング取引で規約違反となりにくいという利点もあるのです。

勝ちすぎると凍結されるのは本当か?

この噂についての真偽は分かれるところでしょう。

なぜなら、DD方式を採用しているFX業者では、業者によるレート操作などが十分ありえるからです。

そのため、高額な取引を頻回に繰り返して利益を出している場合には可能性はないとは言い切れません。

特にDD方式の業者では、「FX業者にとって不都合な事態が起きた場合は、口座を凍結できる」といった文面が利用規約に記載されていることも多いのが現状です。

加えて流動性が低い時間帯などに明らかに異常に拡大するスプレッドなど国内の大手業者でも何度か故意なレート操作が行われたのではないかとの声も少なくはありません。

そのようなことを避けるためにもNDD方式を採用している海外口座を開設してみてはいかがでしょうか?

おすすめの海外FX業者 XM Trading

海外FX業者の中ではXM Tradingが日本人トレーダーに人気が高い業者です。

サポートも日本語で対応してもらえる点も魅力の一つでしょう。

さらに人気の理由としては、

・最大レバレッジが888倍
・毎回入金時に30~100%のボーナス給付
・安心できる運営元(Trading Point limited)

XM口座ではこの高いレバレッジを活用して、少額でハイリターンを狙うことも可能です。

中には、レバレッジが高いと不安になる方もいるかもしれませんが、XMはゼロカット方式も採用しているため、損失がマイナスになっても追証が発生しません。

そのため、自己資金以上の損失にはならないので、これは大きな利点といえるでしょう。

さらに、初回入金時にはボーナスもあるのでトレード資金にも充てることができます。

もし、まだ海外FXの口座を開設していないのであれば、XM口座を試してみることをおすすめします。

まとめ

今回は口座凍結となる、利用規約違反やFX口座の長期の放置による放置、さらにDD方式とNDD方式の違いについて解説しました。

ちなみにFXの口座は異なる業者で複数口座を持つことも可能です。
そのため、現在国内のFX口座しか所有していない場合には新しくXMで口座を開設してみることをおすすめします。