FX

FXの元手最低金額はいくら?初心者5万円から始める理由

FXを始めたいけどだいたいの元手はいくらなんだろう?

元手に使えるお金があまりないけどFXを始めてみたいと言う方は沢山います。

近年FXも手が出しやすい投資になってきて、専業主婦や高齢の方でもFXを始める方は沢山います。

しかし、FX初心者はまず元手をいくら用意してFXを始めるのがいいのでしょうか?

今回はFXを始める際の元手の最低金額を理由とともにご紹介します。

元手は最低5万円!1万円でも可能?

FXを始めるに当たって、最低金額5万円の元手が必要と言われていますが、実は1万円でも取引自体は可能なのです!

なぜなら、FXにはレバレッジという仕組みがあります、そのため最大で証拠金の25倍の取引ができる元手1万円でも取引が可能です。

たとえばドル円で取引する場合、レバレッジ25倍を活用すると、例えば通貨から取引可能なSBI FXトレードなら約4円から取引が可能、また1,000通貨から取引可能なYJFX!ならば約4,000円から取引が可能になるので取引自体は1万円以下の投資資金でできます。

しかしなぜ元手は最低5万円必要なのでしょうか?

元手最低5万円の理由

まず小学の金額でFXを始めるメリットをあげると、

学生や主婦など賭けられるお金が少ない人も運用ができて儲けられる

FXは株の取引のように最低金額が元手1万円から可能なので学生や主婦がお小遣い稼ぎとして小額で投資をすることが可能なところが気楽にできて良いですよね。

しかし元手が1万円と少ない場合には相場が上昇局面にある時もポジションを買い増して利益を膨らませられず、早めに利益確定をしなくてはならない場合があります。

この局面を、ナンピン増しと呼びます。

ナンピン増しは相場変動に根拠がある場合に利益を増やすために行います。

大損しにくくなる

FXでは、証拠金の一定割合以上の含み損が出ると、FX会社により強制的に損切りされるロスカットが、だいたいのFX会社にて行われます。

ロスカットは証拠金維持率が50%以下でされるので、もし1万円の元手なら最大で5000円の損失で済むのです。

ただし、少額だとレバレッジがどうしても高くなり、ロスカットされるリスクが上がるというデメリットもあります。

そのため、損切りラインをきちんと決めておくことがポイントです。

だいたいの目安はFXで30~50pips程度損切り幅を設けておけば早々に損切りされることはありません。

以上をまとめると、ナンピン増しに使うお金と、ロスカットされるリスクを減らすために最低金額は5万円が妥当となるのです。

しかし、最低金額5万円で取引するのにすぐに元手を失わないためにはポイントがありますのでまとめてみました。

 

最低金額五万円をすぐに失わないポイント

損切りを早くする事のほかに大切なポイントは、スキャルピングをしないということです。

スキャルピングとはどんな取引方法なのでしょうか?スキャルピングとは、数分以内に売り買いを繰り返すFXの手法の事です。

元手が少ないのにスキャルピングFXをすると一回の取引でとれる値幅が少なく、取れる利益の額も少なくなってしまう為におすすめ出来ません。

では、スキャルピングFXのかわりにどの様な取引方法をすればいいのでしょうか?

スキャルピングFXの他にスイングトレードという取引方法があります。

スイングトレードとは、スイングトレードとは、数日から数週間の保有を予定したトレードを言います。

ゆっくりとトレードをするのでスキャルピングトレードのようにずっとパソコンやスマホの画面に張り付いている必要もないので気楽にトレードが可能です。

スイングトレードで勝てるポイントは、ロスカットをスムーズにする点です。

ゆっくりとトレードするスイングトレードなので値段が下がっても、これくらいなら戻してくるだろうという根拠のない期待感からロスカットをせず、ホールドしすぎることにより大損へと繋がる場合があります。

ロスカットは自分の決めたポイントを守ってすぐに行いましょう!

専業トレーダーになるにはいくらの元手が必要?

FXトレーダーで生活をするレベルの専業トレーダーになると、元手に対して月間10%~15%の平均利益を得られると言われています。

FXで生活をするにはどれぐらいの元手が必要なのでしょうか?
例えば生活費20万円が必要な場合は、元手の利益が10%としても200万円の元手が必要になります。

この例からも分かる様に、FXだけで稼いで悠々自適な生活をするには1000万円でも足りないほどでなかなかに大変な事です。

ここでポイントなのが、FXは国内FXのほかに海外FXであるXMがあります。

XMは国内FXよりもお得なポイントが沢山あって、国内FXよりもより稼ぎやすい点もあるのです。

国内FXと海外FX業者のXMとの違い

  • XMはレバレッジが高い
    XM Tradingでは最大888倍のレバレッジです。
    1万円あれば888万円分の通貨を取引出来る計算ですので、国内FXの40倍近い金額で、取引ができることになり、証拠金が少なくてすみます。
  • ゼロカット制度がある
    MXは口座残高がマイナスになっても補填してくれる仕組み、ゼロカットという海外業者のみがもつサービスがあります。
  • ボーナスのサービスが高い
    XMでは、はじめて口座開設するだけで3000円貰う事ができ、さらには入金ボーナスなどもあるので、圧倒的に国内FXよりもサービスが良いのです!

他にも様々なポイントがあるのですが、小額高い利益を得るチャンスを掴みたい場合は海外FXも考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

FX取引での元手の最低金額について記載してきましたが、いかがでしたでしょうか?
最後にFXでの元手最低金額についてまとめます。

  1. 元手の最低金額は5万円
  2. 損切りラインを決めておく
  3. スキャルピングをしない
  4. スイングトレードをする
  5. 海外FXであるMXでトレードする

以上のポイントを考えて、初心者の方でFXでのお小遣い稼ぎをしたい人や、小額での投資を始めたい人は気軽にFX取引をして下さい。