FX

おすすめの国内FX業者は?メリットやデメリットを解説

国内だけでもFX業者はたくさんあり、名前を覚えきれないほどの数です。今回は数あるFX業者の中でおすすめのFX業者を取り上げ、代表的なメリットやデメリットを解説していこうと思います。

FXを始める人はもちろんですが、現役トレーダーの方でFX業者の切り替えを検討している人も参考にしてみてはいかがでしょうか。

GMOクリック証券

取引ツールが使いやすい

GMOクリック証券を使うメリットは取引ツールがとても使いやすいということです。ワンクリックで、即時注文できるスピード注文を使えば、トレードの手間を大幅に削減することができます。デザインも機能性もとても優れているので、快適にFXを楽しむことができるでしょう。

少額取引に対応していない

正直、GMOクリック証券でデメリットはあまり思い浮かびません。ただ、あえて挙げるとすれば、少額取引に対応していないことでしょう。GMOクリック証券でトレードできるのは1万通貨からです。

最近は1000通貨や業者によっては100通貨からの少額取引を充実させている業者もあります。そのことを考えれば、1万通貨以上からでないとトレードできないというのはデメリットと言えるでしょう。

DMM FX

FX口座数日本第一の実績

おすすめの理由はFXの口座数が日本一ということです。名前も知らず、口座数も少ないFX業者よりも信頼できることは間違いありせん。

FX口座数が日本一というのは、DMMFXが提供するサービスが評価されているということを意味しているのでしょう。

スキャルピングが禁止されている

FXの取引手法には様々なものがありますが、もっとも取引期間の短い手法がスキャルピングです。スキャルピングは相場急変時のリバウンドを狙うとき、とても有効になります。

エントリーしてから数秒で決済を行う、いわゆる秒スキャと呼ばれる手法も多くのトレーダーが取り入れています。スキャルピング禁止というのは、トレード手法を狭めてしまう要因になりかねません。

YJFX!

スマホアプリが使いやすい

YJFXはあのYahoo!JAPANグループが運営するFXサービスです。YJFXおすすめの理由はスマホアプリがとても使いやすいということです。

IT企業のグループに裏付けられた技術が十分に生かされていると言えるでしょう。

ニュース内容が薄い

デメリットはニュース配信の内容がやや薄いということです。ファンダメンタルズ分析を行うときに、情報が不足する恐れがあります。

ただし、この点については今後の改善が予測できます。改善されれば、欠点なしのFX業者になる可能性があります。

外為ドットコム

情報量が豊富

外為どっとコムをおすすめできる理由は、何といっても情報量の豊富さです。外為ドットコムは自社で外為どっとコム総合研究所を設立して、FXに関する情報を多数発信しています。

ファンダメンタル重視のトレードを行いたい人には特におすすめです。

株式の取引ができない

外為どっとコムは非常にバランスの取れた業者なため、目立ったデメリットはありません。しかし株や投資信託の取引がないのは、デメリットと言ってよいでしょう。FXトレードと同時に株や投資信託を行いたい人には向いていないかもしれません。

みんなのFX

高金利通貨のトレードが可能

みんなのFXでは、トルコリラ円、メキシコペソ円、人民元円など、高金利の通貨を取引することができます。高金利の通貨を買えば、1日ごとにスワップポイントを受け取ることができます。タイミングによっては毎日100円近いポイントを受け取れる可能性もあります。

スワップ狙いのトレードを行いたい人にはおすすめと言えるでしょう。これらの通貨はほかの業者で扱われることは少ないので、みんなのFXを利用するのがおすすめです。

株や投資信託を購入できない

正直みんなのFXでこれといったデメリットは思いつきません。ただ、サービス内で株式や投資信託のサービスを提供する業者がある中、株や投資信託を購入できないのは大きなデメリットを言えるでしょう。

ヒロセ通商

スキャルピングが容認されている

ヒロセ通商特徴的なことはスキャルピングが容認されていることです。ほかの業者では、サーバーへの負担からスキャルピングが禁止されていたり、嫌がられていたりする場合が多々あります。さらには口座を凍結される恐れもあるくらいです。

スキャルピングを行うなら、まずはヒロセ通商をおすすめします。凍結の恐れがないので、スキャルピングに向いていると言えるでしょう。

マイナー通貨のスプレッドが広め

そもそもマイナー通貨をトレードしている人は少ないので、スプレッドが広いというのは一般的には問題になりにくいでしょう。しかし、いろんな通貨をトレードしてみたいという人は要注意です。

スプレッドは実質の手数料です。いくら取引手数料が安くてもスプレッドが大きいと、トレーダーの負担額は大幅に増してしまいます。

マネーパートナーズ

約定力が高い

マネーパートナーズのメリットは約定力がとても高いということです。研究所の調査によると、10年連続で約定力1位という結果が出ています。

確実に約定できるので、注文した価格と実際に約定した価格にずれが発生することはありません。このように、注文内容を確実に約定してくれるのはマネーパートナーズのメリットと言えます。

スワップポイントが小さい

マネーパートナーズは全体として質の高いサービスが提供されています。しかし、スワップポイントが小さいといデメリットがあります。

そのため、スイングトレードやポジショントレードでスワップポイントを狙う投資には向いていないと言えるでしょう。

インヴァスト証券

豊富な自動売買から選べる

インヴァスト証券のメリットは自動売買の戦略が豊富だということです。シストレ24では、多数のストラテジー(戦略)が用意されていて、自分に合うものや、そのときの相場に合うものを選ぶことができます。

自動売買を行える国内業者の代表的存在として認識されつつあります。

スプレッドが広い

インヴァスト証券のデメリットはスプレッドが広いということです。ドル円では3.6銭、ユーロ円では4.6銭というのはかなり大きいと言えるでしょう。トレードのコスト増加につながってしまいます。

まとめ

今回はおススメのFX業者を紹介しました。いい面も悪い面も、FX業者でいろんな特徴があります。ただ、今回紹介したFX会社を利用すれば、基本的には優れた取引ツールを利用することができます。

相性が合うFX業者を見つけることは、勝つことへの近道でもあります。自分が力をもっとも発揮できるFX業者を見つけましょう。