FX

レバレッジ1000倍!?海外FXの魅力

FXで最大の魅力はレバレッジを利用して、自分の持っている資金以上の取引をすることが可能なところです。ところが、国内のFX会社を利用すると、規制によって最大25倍のレバレッジしか掛けることができません。これでは、せっかくFXに取り組んでいても魅力半減ですよね。さらに、最近ではその25倍のレバレッジでさえも、10倍に引き下げられるのでは?という情報があちこちを飛び交っています。ですから国内トレーダーの多くはどんどん海外のFXに挑戦し始めているというわけです。ちなみに一体なぜ、そのようなことが起こったかというと、昔は国内でも400倍のレバレッジをかけて取引を行えていたのですが、高レバレッジの取引の中では証拠金がすぐになくなってしまったり、借金をする可能性が高まったりするという理由で、引き下げられていっているのです。

レバレッジ1000倍!?海外FXの魅力

じゃあ一体海外のFX会社はどれだけレバレッジを掛けられるかというと…

なんと1000倍!(最近では最大3000倍という会社もあるとか…。)

国内ではレバレッジの倍率が引き下げられる一方で、なぜ海外はレバレッジの制限がないのでしょうか。

それは、外国為替市場が安定している市場といえるからです。また、規模も大きくちょっとやそっとのことで揺らぐことがないんですね。

こうして、海外FXでは日々莫大な額のお金が動いているわけです。

 

高レバレッジの魅力

高レバレッジと聞くと、なんとなく負けた時の損も大きいのでは?という不安に駆られませんか?実際、高レバレッジを掛けて取引をするとどんなことが起きるのでしょうか?国内FXの最大値、レバレッジ25倍と比較をして見ていきましょう。

(例)1ドル=100円の時、10000ドルを取引したい時

レバレッジ 必要証拠金 取引金額
25倍 4万円 100万円
1000倍 1000円 100万円

このように、同じ取引をするにしてもレバレッジが高い方が必要証拠金が低いことがわかります。
つまり少ない資金で、大きな取引をすることができるのです!また、少ない証拠金で取引できるのでエントリーの数を増やすことが可能です。更に、高レバレッジで取引をしている時に、大負けをしても海外FXではゼロカットシステムが主流なので、証拠金以上の損失が出ることはまずありません。つまり、借金を背負うことなく大きな取引を実現できるということです。

高レバレッジの注意点

強制ロスカットのリスクがあります。証拠金維持率が低下するとロスカットの危険は上がります。証拠金維持率というのは、「有効証拠金÷必要証拠金×100%」の指揮で出すことができます。これを逐一チェックすることで、ロスカットされないように取引していくことが可能です。問題なのは高レバレッジを掛けている時に、相場が下落すると証拠金維持率も低下するということです。このため、強制ロスカット起きて、ポジションを保てなくなります。FXにおいて、ポジションを保つというのは利益を上げる上で重要事項ですから、証拠金維持率のコントロールをしっかりと身に付けてから高レバレッジの取引に挑む方が得策かもしれませんね。

高レバレッジならよりいい?海外FXの比較!

では、海外FXを選ぶ時には高レバレッジのところを即決してよいのでしょうか?いいえ、そうではありません。実際に比較してみましょう。

GEMFOREX XM
最低入金額 5000円 500円
通貨種類 37種類 53種類
最大レバレッジ 1000倍 888倍
ボーナス 2万円分
(期間限定)
3000円分
(常時)
方式 DD NDD

実は、レバレッジ3000倍を掛けることのできるFBSという会社があります。一見すると、レバレッジ自体は最大値なのですが、実は取引の際に2万円までしかできないなどという制約が発生します。このため、利用者の多くが500倍や1000倍のレバレッジで取引をしているということで、ここでは比較対象から外しました。

さて、上記の2つの会社は日本人トレーダーの利用者数が多い常に上位位置にある会社です。共通していることは…

  • 日本語カスタマーサービスが充実している!
  • ゼロカットシステム採用!

上記の理由から、日本人トレーダーにとって使いやすく安心感の高い会社なんですね!表に記載した事項は、GEMFOREXもXMも全然違いますよね。最低入金額は若干高いですが、最大レバレッジが1000倍のGEMFOREX、とても魅力的ですよね。2020年1月14日まで期間限定で、2万円分の口座開設ボーナスがもらえるのもいいですね。ですが、注意しなければならない点があります。それが、GEMFOREXはODD方式だということです。ODD方式というのは、国内のFX会社と同様で、簡単に言うと「トレーダーが損をした分FX会社が儲ける」という仕組みです。トレーダーと会社が敵同士…なんて見方もできてしまいますね。昔はこの仕組みのせいで、あえてトレーダーが損をする機会を作るなど意図的操作が行われていたようです。このため、手数料であるスプレッドは低めに設定されているという利点はあります。一方でXMはNDDという方式を取っています。これは、FX会社が手数料で儲ける仕組みです。トレーダーが取引すればするほど、会社が儲かっていく仕組みです。ですから、スプレッドはやや高めに設定されていますが、トレーダーにとってはその分安心して取引することが可能です。

最大レバレッジ1000倍はとても魅力的ですが、DD方式のことを考えると若干レバレッジが低いですが888倍の取引が可能なXMの方がおススメです。恐らく同じ理由で日本人トレーダー人気No.1を誇っているのでしょう。