FX

レバレッジなしFXは儲かる?基礎解説と勝率

FXと言えば最大25倍の大きなレバレッジをどこまで挑戦するかで、勝率が変わってきますよね。

また、海外FXと国内のFXではレバレッジの最大数も変わります。

しかし、利益を出しているFXトレーダーは意外と低いレバレッジを使うんです!

今回はレバレッジを掛けないレバレッジなしの方法で儲けられるのかをレバレッジの基礎知識から解説していきます。

レバレッジなしのFXトレードはよりリスクが少なく、堅実に利益を重ねていくことができてよりコツコツと儲ける事が出来るのですよ。

レバレッジとは?

FXの投資としての最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、何倍もの金額の外貨を取引します。

例えば、株や投資信託は10万円の資金であれば10万円分の取引しかできないのですが、FXの場合10倍のレバレッジを使ことにより、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円になります。

レバレッジをかけると、手元の資金の何倍もの金額を取引できるのです。
しかし、大きなレバレッジをかけるとその分リスクも上がります。
大損失をしないためにも、まずは低レバレッジで始めるのをおすすめします。

そこでレバレッジなしでFXをトレードするトレーダーがいるのです。
レバレッジなしは儲ける事が出来るのでしょうか?

レバレッジなしの勝率、外貨預金との違い

レバレッジなしということはレバレッジ1倍の賭け方で、手元の資金が100万円なら100万円で外貨を買う事になります。

では外貨預金と一緒じゃない?

と思う方はいるとおもいますが、外貨預金との違いを調べてみました。

外貨預金とは、日本ではなく外国の通貨で預金することを指します。

日本と外国では金利が違い、外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にある事を利用して高い利息をもらう事ができます。

つまり金利が高いほうが、もらえる利息は多くなる預金方法です。

外貨預金とFXの違いをまとめると、

外貨預金 レバレッジなし
空売り なし あり
満期の有無 あり なし
外貨取引(日本円以外) なし あり
積立(複利運用) 可能 自由
取引手数料 2%程度 0.012%程度
ロスカット なし なし

レバレッジなしのFXは最大の難点であるロスカットが無くなるので、FXで恐れられている大損が無くなるのです!
また外貨預金よりも手数料が安いところも嬉しいポイントですよね。

 

レバレッジなしの儲け方

レバレッジなしの場合勝つためのポイントをまとめました。

安定している通貨ペアでの取引

初心者には堅実にドル高を狙って長期投資ができる米ドル/円がオススメです。
アメリカの政策金利が一番高くなっているので、安定して長期投資を楽しめます。

しかし、スワップポイントを見ると、金利が高い通貨ペアは、トルコリラ/円、南アランド/円、メキシコペソ/円などです。

これらの新興国通貨は値動きの変動が激しいので相場の動向に常に注意が必要になり、すぐに売り買いの判断がつかない初心者にはお勧めができません。

長期での運用をする

レバレッジなしの取引の場合は、証拠金以上の損失が発生することがないため、ロスカットによる強制決済がないので、一時的に損失が出ても回復するまで長期的に待つ事ができます。

またスワップポイントを狙った取引は、長期的に運用する取引方法で、為替変動によるリスクを抑える事ができます。

そして為替変動によるリスクを最小限に抑えます。

それらは長期運用にむいているので、レバレッジなしの場合は初心者向けにゆっくりと運用を楽しめます。

以上のように、レバレッジなしでは、長期運用でコツコツ稼ぐことをたのしむ投資を始める事が出来る反面、一度に高額を儲けることは出来ません。

短期間で売買を繰り返して増資を狙うスキャルピングの運用は出来ませんが、安全に中・長期的な運用ができます。

レバレッジなしのデメリット

レバレッジなしには致命的なデメリットがあります。

それは、「利益率が低い」ということ!

FXはレバレッジを活かして小額でも高額の儲けがあるところに面白味があります。

ですので、レバレッジなしのデメリットはFXの魅力を消してしまうということなんです。

つまり1倍トレードはFX取引の中でも低リスク優先の手法ですが、FXが持つ魅力を感じることはできなくなるので、リスク回避を優先しながら利益を得る事が出来るゼロカットシステムを採用している海外FXがおすすめです。

海外FXでサクッと儲ける!?

レバレッジなしの儲け方は安定的で良い取引ですが、小額の資金で高額儲けられるというFXの楽しみがすべてなくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが海外FXであるMXならば、お得に高いレバレッジを利用して儲ける事が出来るのですよ。

海外FX業者の強みはなんといってもハイレバレッジでの取引が可能であることで、国内FX業者だと最大レバレッジは25倍までに制限されていますが、海外FX業者のレバレッジは無制限なんです!

しかし上記にも記載したようにレバレッジを上げるとロスカットのリスクも同時にあがります。

そのため、安定的ではなくなり、マイナスになるリスクが出てきてしまうのです!

ところが、海外FXにはそんなリスクもゼロにしてくれる嬉しいサービスゼロカットシステムがあります。

ゼロカットシステムとは、海外FX業者が証拠金以上の損失が発生した場合にトレーダーのマイナス分を補填してくれるので、いくら負けても借金はできないのです。

以上のことから、国内FXでレバレッジなしにしてロスカットのリスクを抑えると同時に儲けも減らすリスク軽減よりも、海外FXでレバレッジを高くして小額の資金から高額の儲けを出す方が多く儲けられる可能性があるのです。

まとめ

最後にレバレッジをなしにするレバレッジ1倍についてまとめさせていただきます。

レバレッジなしだと、安定的で長期の取引によりFXでも低リスクの取引が可能となる事が分かりました。

しかし、海外FXであるMXならば、ロスカットされて損失が出ても損失を補填してくれるゼロカットシステムを利用する事で小額の資金で高額儲けられるというメリットもあります。

高額の元手がないけど、儲けたいというひとはハイレバレッジで儲けられる海外FXに挑戦してみる価値は十分にありそうですね。